▶︎パリ シアターベルビル 演技と生音と生ドローイング

By FUMIHIRO   /   On Apr 06   /   In Uncategorized   /   0 Comment

暫くパリに頻繁に通っていて、最近はずっとパリにいます。というのも、théâtre Belleville で参加しているショーがあるからなんです。

シアター、演技との共演というのは初めての試みです。初めてする事には興味があるので何でも積極的に関わっていきたいとおもっているんですが、参加の決め手は監督が好きな様にやらしてくれるからで、今日まで、楽しくやれてる訳です。今回参加する事でシアターの仕組みや、流れなどが理解できて、勉強になってます。

また、俳優さん、女優さんの演技はもちろんなんですけど、セリフの間の息を吸うタイミングとかは驚かされます。それも演技なんですけど、絶妙です。ドラマーのレオは様々な楽器を使って、演者の心理や雰囲気を表現しています。

で絵描きのお前がシアターで何するんやって話なんですけど、演技は無理ですよね、絵描いてますよね。今回は単色の線で絵を描いていく、ドローイングをしています。


パリにやってきた1人の日本人男性の物語。

さて、ストーリー、演技、音楽、ドローイング、これらがどう混ざっていくのか。それは観てのお楽しみという事で。


https://www.sortiraparis.com/scenes/theatre/articles/138673-jardins-suspendus-au-theatre-de-belleville


Leave a Reply

Name *

Web Site